忍者ブログ
このサイトでは、ペットのしつけと飼い方について紹介しております。
ブログ内検索
スポンサードリンク


2016/09/28 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2010/09/06 (Mon)


犬の目の手入れのコツ

犬の目のお手入れはコツを掴んで行うと良いですよ。
人間が顔を洗うように、犬も顔を綺麗にしてあげる必要があります。
特に目は、毎日のお手入れがとても大切です。
目のお手入れを怠ると、どんな症状が起きるかご存知ですか?目のお手入れを怠ってしまうと、涙焼けや涙管の炎症が起きてしまう可能性が高くなりますし、雑菌が目に入ると視力障害を起こすこともあるので、気をつけなくてはいけません。
犬の目のお手入れの際は、まず犬を抱きかかえるか、膝の上にのせます。
そして、目を傷つけないようにお湯で湿らせたガーゼやコットンなどで目の下を拭くのが、上手に目をお手入れをするコツです。
綿棒や清潔な指で目やにを取っても大丈夫なのですが、ティッシュペーパーを使うのはやめてください。
ティッシュペーパーは繊維が荒く、眼球の表面を傷つける可能性もあるので、犬の目のお手入れには適していません。
また、固まってしまっている目やにの場合は、無理にとると目の周りを傷つけてしまうことになるので、濡らしてふやかしてから取るのがポイントです。
犬の目のお手入れには、目やにや汚れをとる以外にも、犬の体調を見るという役目もあります。
目やにの量が多くないか、目やにの色に異常がないかなど、お手入れと共に目や目やにの状態を確認することで異常を早期に発見できますよ。
さらに、目のお手入れでは目の周りの被毛にも注意しなくてはいけません。
被毛があると眼球を傷つけることになるので、目のお手入れの時に被毛の長さも気をつけて見てあげると良いでしょう。

PR
スポンサードリンク


2010/09/06 (Mon)


犬の爪の手入れのコツ

犬の爪の手入れには、ちょっとしたコツがあります。
犬の爪は人間の爪と違って、爪の内側に血管や神経がありますよね。
そのため、血管が透けてピンク色に見える所まで切らず、3ミリ程度残して切るのが上手に切るコツです。
深爪をすると、痛みを伴なったり、出血してしまったりして、今後、爪のお手入れを嫌がる様になってしまいます。
ですから、犬の爪の手入れの際は、くれぐれも切る位置に気をつけましょう。
犬の種類によっては、爪が黒い色をしていることもあります。
血管の位置がわかりにくい時には、少しずつ慎重に切っていき、血管を傷つけないように注意しなくてはいけません。
犬の爪の手入れは、月に1~2回が目安です。
爪が伸びすぎてしまうと、伸びた爪で肉球を傷つけてしまい、歩行に影響が出てしまいます。
できるだけ定期的に爪の手入れをすると良いでしょう。
犬の爪の手入れをする時は、無理に行ってはダメです。
一日一本ずつというくらいの気持ちで、無理強いせず、食べ物を与えたり、ほめながら、犬にストレスを掛けないように行うことが大切です。
犬も人間と同じで、痛い思いや嫌な思いをすると、抵抗感をもってしまいます。
爪の手入れを定期的に行う為にも、無理をしないで犬の様子を見ながら行うようにしてください。
また、爪を切る時に足を引っ張らないということも上手に切るコツの一つです。
足を引っ張ってしまうと、犬が嫌がって抵抗し、怪我をさせてしまう可能性もありますので、爪の手入れの際には足を優しく持って切ってあげると良いですよ。

スポンサードリンク


2010/09/06 (Mon)


犬の耳の手入れのコツ

犬の耳の手入れは、ちょっとしたコツを知っておいた方が上手にできるはずです。
犬の耳の手入れをする時には、まず低刺激のイヤーローションをしみこませたコットンを用意します。
コットンが用意できたら、耳の中がよく見える明るい場所で、耳の付け根を持って、耳介と呼ばれる耳の内側を優しく拭きましょう。
特に、たれ耳のダックスやビーグルなどの犬種は、耳の中が蒸れやすく汚れも溜まりがちで炎症を起こしやすいので、力を入れずに綺麗に拭いてあげるのが上手に安全に手入れをするコツです。
耳介を拭いたら、次は耳の中の掃除です。
大型犬の場合は、指にコットンやガーゼを巻きつけ、小型犬の場合は綿棒を利用して行います。
この時に、指や綿棒を奥まで入れてしまうと敏感な耳の粘膜を傷つけてしまうので、奥まで掃除しすぎないように気をつけるのがポイントですよ。
耳の中を掃除する時は、犬が急に動くと怪我につながりますから、動かないように気をつけてあげてください。
犬の中でも特に長毛種は、耳の中にも毛が生えるため蒸れやすくなっており、毛が邪魔で掃除もしにくいものです。
できれば、耳の掃除をする前に耳の毛を抜いてあげるといいかもしれません。
耳の毛はイヤーパウダーをふりかけ、滑らないようにしてから指で抜いていくのですが、一度に抜いてしまうと痛がったり、出血することもあるので、少しずつ優しく抜いてあげるのがコツです。
耳の病気を防ぐためにも、週に一回程度のペースで耳の手入れをしましょう。
 

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
次のページ >>


自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]