忍者ブログ
このサイトでは、ペットのしつけと飼い方について紹介しております。
ブログ内検索
スポンサードリンク


2018/12/19 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2010/03/11 (Thu)


うさぎの健康管理

私たちができる範囲での、健康管理を紹介します。
まずは、体重を計る事です。
体重は健康のバロメーターともいえるぐらいに重要なのです。
成長期にどの位体重が増えているのかをチェックする事もでき、また大人になるにつれ、太りすぎたり、痩せすぎではないかを知る事もできます。
ペットとして飼われているうさぎは肥満が多いです。
食事でのカロリー摂取が多く、運動不足であるのが原因です。
体質によって異なりますが、肥満は飼育の仕方で大きく変わってきます。
定期的に体重を計り、バランスのいい食事を与えます。
たまにはケージからだして遊ばせる事も肥満防止や肥満解消に繋がるでしょう。
飼い主が注意してあげなければ、うさぎはすぐに肥満状態になってしまいます。
肥満状態が続くと、免疫力が低下し、病気に掛かりやすくなります。
病気の予防の為にも、定期的に体重を計るようにしてください。
次に排泄物をチェックします。
尿の場合、血が混じっていないかをみます。
いつもと量や回数の違いはないかもチェックします。
普通の尿は白く濁っていますが、赤色や黄色をしていたり、クリーム状のものが混じっている時があります。
これだけでは病気とはいえませんが、他にもいつもと様子が違うところがあれば病院に連れて行きましょう。
そしてフンについてです。
普通のフンは茶色でコロコロした丸い形をしています。
軟便だったり、粒がいつもより小さい、粒が繋がっているなど、異常がみられないかを、日々チェックしていきましょう。

PR
スポンサードリンク


2010/03/11 (Thu)


うさぎのかかる病気

うさぎの主な病気を紹介します。
餌の食べ過ぎや腸、肝臓の病気から便がゆるくなり、下痢やおしりが汚れてくる病気があります。
神経質な為に、ストレスでもお腹を下してしまいます。
幼いうさぎが下痢をするようなら、コクシジウム症の可能性があります。
うさぎも脱臼や骨折をします。
うさぎの骨は弱いので、ジャンプしただけでも折れます。
足を引きずって歩いているなど、痛がっている場合は病院に行きましょう。
また、排出物を垂れ流したままでいる場合もあります。
このような症状は、脊髄に傷がついている可能性が高いです。
うさぎは感染性にも掛かりやすく、くしゃみや鼻水の症状がでます。
長引くと鼻炎や副鼻腔炎と進行していき、肺炎にまでなってしまいます。
これをスナッフルといいます。
また、皮膚がカサつき毛が抜け落ち、結膜炎を起こすパスツレラ症の可能性もでてきます。
消化器の病気も多いです。
毛づくろいした毛が、胃の中で毛玉となりお腹が膨れてきます。
消化できなかった食べ物や異物が溜まったり、ガスが発生したりするのです。
うさぎは歯が大切ともいわれています。
噛み合わせが合っていないと、歯が伸びすぎて不正咬合になります。
エサを食べなくなったり、よだれを垂らしたりと大変です。
歯は伸び続けるので、柔らかい物ばかり食べさせずに、適度に硬いものも与えましょう。
寄生虫にもかかります。
頻繁に耳をかゆそうにかいている場合は、ダニが耳に寄生していると考えられます。

スポンサードリンク


2010/03/11 (Thu)


ハムスターの健康管理

今からハムスターの健康管理についてお話します。
ハムスターは人生の大半をゲージの中で過ごすので、ゲージを清潔にしなければなりません。
ハムスターは元々夜行性なので、昼間は寝ている事が多いです。
なので、掃除は早朝にする事をお薦めします。
頻度は週に一回ぐらいがベストです。
清掃中はハムスターが逃げないように別の容器に移しましょう。
そして敷物や食べ残しなどは、すばやく全体的に掃除します。
巣箱の中も忘れてはいけません。
トイレの砂は全部換えてしまわず、自分の臭いが残るように少し残しておきます。
そうするとハムスターは安心します。
掃除したゲージは元の場所におきましょう。
次は食事です。
活動が活発になってくる、起きて3時間と眠るまでの3時間が一番食欲があります。
ヒマワリの種やピーナッツなどは高カロリーで肥満の原因になります。
ハムスター専用のフードをメインにしましょう。
高カロリー食や新鮮な野菜などは副食として与えます。
また手から与えるようにすれば食べ過ぎを防げ、コミュニケーションにも繋がります。
水を与えるのも忘れないようにしましょう。
食事の次は運動です。
狭いケージでは運動不足になりがち。
肥満になると困るので適度に運動させましょう。
ゲージからだして一緒に遊んだり、ケージに回し車などのおもちゃを入れて運動させましょう。
ハムスターは警戒心が強いので、何事も徐々に慣れさせます。
特に飼い始めのハムスターは、ケージ越しのコミュニケーションから始めましょう。
スキンシップは馴れるまで我慢してくださいね。



自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]